利用者本位とは何かを 考え続ける

『障がい=かわいそう、よわい』、そのような声が聞こえて来そうです。
私たちは、『障がい=多様性』だと考えています。相手の立場に立つと『障がい』と周囲から言われることも、その方からすれば、障がいでも 何でもなく、『当たり前』『普通』のことになります。

『障がい者・児を思いやる』ではなく、『障がい者・児の可能性と選択肢を広げていく』ことを考え続けています。共感や興味をお持ち頂き、『一緒に働く仲間』になって頂けますと幸いです。